肥満を改善

肥満傾向の男性は増えている

野菜を食べる

日本肥満学会の定めた基準では、BMI25以上を太りすぎであるとしています。 この数値を超えたあたりから、肥満に付随して高血圧や糖尿病、高コレステロール血症、脂質異常などの生活習慣病が増えてくるためです。 BMI25以上に加えて、何らかの健康障害がある、あるいは検査によりへその周りの断面図に内臓脂肪の面積が100?以上あると判明した場合を肥満症と言います。 更にこの肥満症に高血圧、高血糖、脂質異常などの問題が2つ以上合併している状態をメタボリックシンドローム(通称メタボ)と言うのです。 厚生労働省の調査によると、男女ともに欧米に比べれば極端な肥満者は少なく、女性の肥満者の割合も年代によっては改善しているものの、BMI25以上の男性の割合は増加傾向にあります。 つまりはメタボリックシンドロームを患う方も増加していると思われ、厚生労働省も保険指導の中にその改善を組み込むなど対策を実施しています。

内臓脂肪の減少が重要

メタボリックシンドロームの留意すべきところは、それが内臓脂肪型の肥満であることです。 肥満には皮下脂肪の割合が高いタイプの肥満と内臓脂肪型肥満とがあり、内臓脂肪の方が心血管病のリスクが高いと考えられています。 肥満が改善されることなく内臓脂肪が過剰に蓄積されると、肥満細胞から放出される物質があります。 これが厄介なことに血管内皮に入り込むのです。 すると血管が破れることがあり、その傷を修復して出血を止めるための血液成分が集まってきて固まります。 当然血管内部は狭くなり、詰まりやすい状態となってしまうのです。 その状態を脱するには、結局生活習慣の改善以外ありませんよね。 ただ幸い、脂肪は皮下脂肪よりも内臓脂肪の方が先に燃焼しやすい性質があります。 専門医の指導のもと、健康的なダイエットに励んでみませんか。